住宅ローンを借り換えられない場合とは


住宅ローンを借り換えた場合には多くのメリットを享受出来ます。しかし誰もがそのメリットの恩恵を受けられるかと言えば、そうでは無いのが実態であり、その内容も様々です。ここでは幾つかを取り上げて紹介します。

まず住宅ローンの借り換えに当たって不可能なパターンというものがあります。
それは民間の金融機関から公的なローンへの組み換えは不可能だということです。
逆に言えば民間の金融機関から民間の別の金融機関であったり、公的なローンから民間の金融機関へは可能です。
但し、民間の金融機関の中には既にローンを組んでいる場合は、別なローンを組めないことがあります。事前に確認が必要でしょう。

また担保の評価において、担保割れがある場合なども借り換えをすることが出来ない可能性があります。
これはあくまで可能性であって必ずということではありません。
特に景気の良かった頃に購入した物件などは、担保割れ物件が多いため、一度相談してみるのが良いでしょう。
更に借り換えが出来ないパターンとしては、ローンの支払いに延滞があったケースが考えられます。
何度も延滞を繰り返しているようなケースではかなり難しくなりますが、少ない回数であれば担当者に相談してみるのが良いでしょう。

どちらにしろ住宅ローン借り換え審査は、やや普通の審査より厳しくなるのが通例のようです。
もっともこれは金融機関によって異なっていますし、その内容も明らかにはされません。
ただ審査をクリアしなくては借り換えが出来ないことは留意するようにして下さい。

住宅ローンで太陽光発電(http://taiyokohatudenhikaku.com/)の借り入れも可能なので借入れの際は、太陽光発電込みの見積もりを出すと良いでしょう。
売電もあるので、収入源にもなりますし、返済の足しになるかもしれません。

http://moneykit.net/visitor/hl/?
住宅ローン|MONEYKit – ソニー銀行

新着情報

◆2013/11/27
住宅ローンを借り換えられない場合とはの情報を更新しました。
◆2013/11/22
電力不足の解消の情報を更新しました。
◆2013/11/22
最大の目的といったら光熱費削減の情報を更新しました。
◆2013/11/22
しっかりと税金を支払うの情報を更新しました。
◆2013/11/22
売電収入の情報を更新しました。